バインシュピール

スキー&バイクのお遊び日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
キズドライ・・・たしかに傷の被い方が不自然極まりないから、人体にとっては確かに怪しい。

でも、どうすりゃいいの?今さら病院行くのもおっくぅだし。

で、早速「擦過傷」でググってみると、見つけた!

擦過傷

なになに?最近じゃ傷を乾かさない治療が普及中?

新しいもの好きとしちゃ、ほっとけませんな。
さらに調査してみると・・・

どうもここが新しい治療法の発信地の模様。

ガセネタか?

それとも最新情報か?

でも、怪我から3日経過しても痛みが残っていたから、思いきって

人体実験

をしてみることに決めた!穏便なおいらにとっちゃ、これは相当珍しいこと!!

で、まずはキズドライで被われた患部をお風呂で洗浄!

だけど、患部にあてたガーゼが傷に張り付いちゃって、お風呂の前に剥がすだけでも涙もの。

ひょっとしたら、こんな痛みから解放されるのか?

と期待しながら、湿潤療法のHow toに従い、風呂から上がった後は傷口を水道水で濡らして

サランラップで被ってやります。

ほんまに大丈夫か?

簡単過ぎて不安が募りますわ。

けど、次の日の朝目覚めてみると、明らかに傷の様子が違う。

なんというか、疼かない。

昨日は自転車に乗って、振動を受ける度に鈍痛が走っていたのに、今日は全然平気っぽい!

結局仕事から帰るまでラップはそのままだったけど、鈍痛もほとんどなく快適にすごせてしまった。

で、一日ラップした後の傷の状態はこちら↓
湿潤1

まだまだ傷口が赤いけど、キズドライの時より明らかに痛くないのだ。

で、湿潤療法2日目↓
湿潤2


傷口が白っぽくなってるのがわかるでしょ?

カサブタみたいに、皮膚が引っ張られることなく、しかも痛くなくなってきました。

なんだかいいぞ。消毒の痛みから解放されるのが何より嬉しい。

それに、湿潤療法せずにカサブタになった尻の擦り傷は、表面を触るとまだ痛いけど、腕の傷は触ってもそれほど痛くなくなってるんだよね~

もうひといき頑張るぞ!ってことで、今日はラップに、保湿効果のある馬油を塗ってみました。
湿潤3

皮膚は全く引きつらないし、ちょっとムズ痒い気はするけど、自分の菌が頑張ってくれてるのを実感してる感じがして、ちょっと頼もしい。

<つづく>
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://headqlo.blog47.fc2.com/tb.php/47-42da4f85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。