バインシュピール

スキー&バイクのお遊び日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
滑走12.5日目(快晴無風・国体予選当日)@Big-Moutain
center4


はっきり言おう。
今年の国体予選は黒ゴマのサポートに来た。

もちろん、自分も参加はする。

参加する以上、俺だって一生懸命滑る。

だが悲しいかな、俺では到底国体に絡むことはできないことくらい知っている。

しかしながら
黒ゴマは違う。



今年は勝ちに来ていた。

運の良さも手伝って、今年の黒ゴマは優勝候補筆頭であった。

社会人になってから競技スキーを始めて早3~5年。

本人を取り巻く環境、モチベーション、運動センス、それらが揃っていた彼女は駆け足でここまでたどり着いた。

しかしながら

友人に会うたびに「国体ガンバレ!」と期待されていた彼女にのしかかるプレッシャーは相当なものだったと思う。

普通に滑れば優勝

今までは挑戦者の立場で大会に参加していたが、追われる立場で出場する大会はこれが初めて。

彼女は今まで経験したことのない精神状態で大会を迎えていた。


ゼッケンは3番。スタートリストでは彼女の前に2人選手が滑る予定であったが、無情にもその二人はDS(don't start)であった。

黒ゴマが1番出走に繰り上がったのを知ったのは、係員の「ゼッケン3番スタート準備!」の号令を聞いたとき。

その時彼女は、

板も履かずブーツのバックルも締めていない状態

だったのだ。


1番出走と3番出走ではスタート時間にどれほどの違いがあるのか?


普通なら1分程度である。


「スタート準備!」の号令の時に板すら履いていなかった彼女は、緊張のあまり板を履くことに怯えていたのである。


慌ただしく板を履き、スタートハウスに入っていく黒ゴマ


後から聞いた話だが、スタート主任が偶然僕の知り合いで、テンパってる黒ゴマを見かねてスタートまで少し時間をくれたらしい。感謝m(_ _)m

それでも集中に欠けたままスタートしてしまった黒ゴマは、2旗門目で失敗!板はほとんど止まってしまった。(推定ロス時間2秒)


万事休す!


そう思った瞬間、やっと黒ゴマが目を覚ました!!


残る旗門を危なげなく滑り・・・「黒ゴマ選手、ゴール」のアナウンス。


やれやれとりあえず完走


後はライバル達のタイムとの勝負になった。


一人目・・・

二人目・・・・

・・・・・・・

結局誰も黒ゴマより速いタイムを出すことができず、



黒ゴマ国体予選初優勝!!



この瞬間、黒ゴマの国体初出場が決まったのだった。



おめでとう黒ゴマ!







スポンサーサイト

これからも、ますます精進いたしますv-276

2006.01.27 09:31 URL | 黒ゴマ #tK.ZVrGg [ 編集 ]

そろそろ引退してください。

2006.01.27 11:53 URL | 堕武者 #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://headqlo.blog47.fc2.com/tb.php/3-338a9b15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。