バインシュピール

スキー&バイクのお遊び日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
滑走21.0日目(晴れのち雪)@⑧


第一回堕武者講習会を開催しました。
teamhead.jpg


受講生は3人、うち二人は今年HEADスキーを購入してくれました。(もちろん僕にマージンなんて入らないけど)

メンバー紹介すると、

横チン(今年準指導員受験ヘッドスキー所有)
イチロー(初心者でヘッドスキー所有)
ストップ高(初心者だけどヘッドスキーじゃない)。

みな職場の同僚である。
この日のために、仕事をやりくりしてきた猛者たちである。
チーム以外でのスキーは今シーズン初めて。
たまにはいつもと違う環境でスキーをすることも大事だし、いつもお世話になってるみんなに恩返しできるのはスキーくらいですわ。

今日の目標は

初心者二人を笑顔で帰す。
横チンのスキルアップ

である。

そのため今回はVTR撮影あり、山頂越えあり、と欲張ってみました。
初心者が楽しむために最も大事なファクターは、天気かな?と思ってたんだけど、案の定午後から天気が悪化!午後3時過ぎたあたりから風と雪が強くなってきた・・・。

午後4時過ぎ。

雪で顔がパリパリになるし、風で身体が芯から冷えるし、もうこれ以上初心者の二人を滑らせることは逆効果!だと思い、

「よし、もう帰ろう!」

と僕がみんなに声を掛けたとき・・・

ストップ高から想定外な返事が返ってきた。



「・・・お願い、最後にもう一本だけ滑りを見て!」





なに



この寒い中まさか?と思い、イチローを見ると、

彼も行きましょう!と言わんばかりの顔。

ストップ高なんてネックウォーマー持ってないし、さっき山頂で吹雪の中板が外れて凍えてたし、昼飯の前には穴に落っこちて鉄筋で脚を引っ掻かれたし、絶対テンション低くなってると思ってたのに・・・

もう一本滑りたい!

ストップ高のこの一言は、今までスキーを教えてきた中で最も嬉しい言葉だった。

実際、ちょっとウルっときた。



4人は結局、吹雪の中を営業終了まで滑り続けてしまいましたとさ。


さて、第二回堕武者講習会はいつにしようかな?
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://headqlo.blog47.fc2.com/tb.php/17-6f81a052

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。