バインシュピール

スキー&バイクのお遊び日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
タクティクス(戦術)が今回のレースにおいて、最も重要でした。

狙いは

「集団をできる限り利用する」こと。

過去の経験から、スタート後2時間くらいはプロトンが作られると思っていたので、できるだけそれに乗って、体力を温存しながらタイムを稼ぎ出したい。

まず、スタートの選手が約10周(小一時間)集団に乗って走る。(5分30秒~6分/周)
これでトップとの差はないはず。

第2走者は6分後半~7分半が持ちタイムのmanamiさんに頑張ってもらう。
プロトンとmanamiさんのタイム差を計りながら2~3周走ってもらい、周回遅れのプロトンに第3走者を乗せる。

第3走者はプロトンがなくなるまで頑張り、後の走者はペースの良い小集団に出来るだけ乗って行く。

そこで考えた出走順は
1 ☆くん
2 manamiさん
3 レモン
4 シモ~ノ
5 オイラ
6 黒ゴマ

結果として、この作戦はピタリ的中。スターターの☆くんがプロトンに入って9周。
manamiさんが7分で3周。レモンはピッタリ集団に乗れました。

スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://headqlo.blog47.fc2.com/tb.php/146-cfb9cdad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。