バインシュピール

スキー&バイクのお遊び日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

半年ぶりにそろそろ始動です。

シンドイです
スポンサーサイト
20090919223527
退院したけど自転車にはまだ乗れず・・・

悔しいのでチェーンを磨いてネックレスにしました。

左が磨いた物
右は磨くまえ


ほとんど鏡面だぜ!
タクティクス(戦術)が今回のレースにおいて、最も重要でした。

狙いは

「集団をできる限り利用する」こと。

過去の経験から、スタート後2時間くらいはプロトンが作られると思っていたので、できるだけそれに乗って、体力を温存しながらタイムを稼ぎ出したい。

まず、スタートの選手が約10周(小一時間)集団に乗って走る。(5分30秒~6分/周)
これでトップとの差はないはず。

第2走者は6分後半~7分半が持ちタイムのmanamiさんに頑張ってもらう。
プロトンとmanamiさんのタイム差を計りながら2~3周走ってもらい、周回遅れのプロトンに第3走者を乗せる。

第3走者はプロトンがなくなるまで頑張り、後の走者はペースの良い小集団に出来るだけ乗って行く。

そこで考えた出走順は
1 ☆くん
2 manamiさん
3 レモン
4 シモ~ノ
5 オイラ
6 黒ゴマ

結果として、この作戦はピタリ的中。スターターの☆くんがプロトンに入って9周。
manamiさんが7分で3周。レモンはピッタリ集団に乗れました。

☆くん、シモ~ノ、帰ってきたレモン、サバァ(manamiさん)、黒ゴマ、そして僕の6人で臨んだ今年のミッドナイトエンデューロ。

今回は僕のワガママで「ち~む☆のざき Inner × Low」として10時間MIXでのエントリーです。

昨年中山サーキットの耐久ではMIX部門で2位に入賞した強豪(になりたい)「ち~む☆のざき Inner × Low」。中山ではマネージャーを務めてくれたmanamiさんですが、最近メキメキ実力をつけてきているし、やっぱり走らなきゃダメ!ってことで今回はバリバリの選手で参加です。

MIXで上位を狙うなら男を出来るだけ多く、女性は出来るだけ少ない方が良いのでしょうけど、この6人+総監督の「やなG」で「Inner × Low」なんです。
このメンバーで上位を狙っていきますヨ。

しかし、黒ゴマは直前に肩を脱臼、オイラはいぼ痔・・・、新社会人のレモンは乗れてないって言うし、☆くんは夜勤明けだし、こうなったらmanamiさんとシモ~ノに頑張ってもらうほかありません!

そして戦術!!前回の中山サーキットでの準優勝はやなGの遠隔指示があったから。
今回、やなGは到着が遅れるらしいし、いつまでも甘えてばかりはいられません。自分たちで何とかするしかない。

おまけに朝から「雨」

僕を除く職場のみなさんは災害に備えて職場で待機中らしいし、いつ僕も招集されるかわかんない。

こうして振り返ってみたら、かつてないほどに”マイナス”からのスタートだったのね・・・。







7月14日(日)

昨年から参加させてもらっている「イバラ・センチュリーライド」当日。
昨年は参加者約20名の中で一番時計を記録しました。

昨年は前夜にN-BARで飲んで、車中泊して、ヘルメット忘れて、サングラス忘れて、ボトル忘れて、なめてた訳では決してなく、ほんとにお粗末な状態で参加させてもらったにもかかわらず、今年もご招待いただき、気持ちよく参加させていただきました。

今年は「ち~む☆のざき」から☆くんとシモ~ノを連れて3人でエントリー。MNEの調整もかねておりました。目標は去年の記録を更新すること!(去年のタイムは3時間3分少々だったから3時間を切ること!つまり、サブスリーになること!!)

出走は2分間隔で一人ずつ出発。スタート順が遅い人ほど、予想タイムが速いことになっていて、ディフェンディングチャンピオンの僕が最終出走、☆君は下馬評で僕の前に出走、シモ~ノは☆君の前に出走。

ち~む☆のざき、前評判はかなり高めです。

スタート前、みなさんの自転車を見てると、いろいろな変化が。

あれ?この人、ホイールがレーシングゼロになってる。

あれ?この人、バイクがさーベロ、ホイールがシャマルになってる。

あれ?この人、74デュラから79デュラに変わってる。

あれ?この人、バイクがマウンテンバイクからロードに変わってる。

ちょっと去年と雰囲気が違いますよ。

でも、ほんとに違ったのはみなさんの走り方でした。

去年は中間地点のエイドステーションに着くまでに5~6人は追い抜いたんだけど、今年はだ~~れも追い越せません。なんとか抜いたのはチンタラ走ってたシモ~ノと、水分補給にコンビニに寄っている☆くんだけ。

エイドステーションに着いても、去年なら4~5人がゆっくり補給していたのに今年は

ひとりだけ。



ちょっと、ちょっと。これは僕が遅くなっているのか、それともみんなのペースが上がっているのか?

とりあえずエイドステーションで☆くん、シモ~ノと合流し、3人で牽き合いながら前を追いかけることに。

しかし向かい風がキツイ・・・。

でも、これだけ風がキツイと単独走はペースが上がらないはず。

それにひきかえこっちは3人体制。絶対有利。


でも、いっこうに追いつかない。見通しが良い直線に出てもだ~れも見えない。

本気でコースを間違えているのかと疑ってしまう。


やっと追いついた!と思ったら、それはリタイヤして回収車を待つおじさんや、明らかに自転車を初めたばかりのおじさん。

それどころか、最後の長い登りに差し掛かったところで、自分の右脚が突然痙攣!!

☆くんとシモ~ノからも千切れる・・・

去年は登りに入る前に5、6人の集団に追いついて、登りでは誰にも抜かれなかったのに・・・

右脚を騙しながら登り続けていると、やっとシモ~ノを交わし、2、3人を追い越せたけど、☆君との距離はジリジリと離れてしまう。

やっとの思いで登りきり、後は下りと平坦だけ!ここからは行くしかない!!

乳酸を抜くため、できるだけ脚を回しながら飛ばせるだけ飛ばす!

去年はノーヘルだったから思い切ってスピードが出せなかったけど、今年はイケるぜ!!

下りで☆君ともう一人を追い越し、(☆君は下りで脚がつったらしい)最後の平坦路は35km/時で頑張る!

去年は平坦路でボトルを落っことし、拾いにちょこっとだけ引き帰したから、同じ失敗は繰り返さない!!

時計を見る。

目標の3時間はとっくに過ぎている。もう絶対去年のタイムより遅い。やっぱり今年は僕が遅いのか。

最終コーナーを曲がり、ラスト100mもがく!もがく!


そして両手を挙げて「ゴール」


・・・・・・

結局今年はトップと6分差の4位。上位3人は全員去年僕より遅かった人たちでした。

リザルトを見てみると、明らかに全体のレベルがぐんと上がっていた。☆くんは僕から15分遅れの7位。シモ~ノはさらに2分遅れの8位。

ちなみにトップのタイムは3時間3分ちょっと。

去年の僕のタイムとほぼ同じでした。

トップの方は、以前かなり乗られていた方で、バイクはコルナゴのクロモリ。ホイールはやなGと同じカンパ・ユーラス。コンポは・・・74から79デュラにチェンジしていました。

今年は気合いが入っていたみたいで、けっこうトレーニングされていたみたいです。まいりました。

閉会式の後はみんなでBBQ。そこで聞いたのですが、今年はみなさん気合いが入っている人が多くて、エイドステーションでの休憩時間も去年のそれとは比較にならないほど短く、トレーニングもけっこう積まれていたみたいです。

来年はイバラで働いていなくても、声をかけてくださるとのことなので、今度は僕がしっかり準備して挑戦ですね!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。