バインシュピール

スキー&バイクのお遊び日記

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
疲れました。
10歳以上年上の部下に。

俺の机にいっつも図面やら書籍をはみ出して置いてくる。
渡辺淳一の「鈍感力」を読んだ俺でも気になって仕方ない。

でも、口に出して注意したら刺が立つから、机の境界ギリギリに書類で壁をつくった。

もうこれで大丈夫。

スポンサーサイト
4月に異動になって、早2週間。
知人なし、土地勘なし、片道1時間半の遠距離通勤。

環境の変化が激しすぎて、かなり参ってる。
現在の日本が獲得したメダル数は0個
ニュース速報を見るたびに「期待された・・ですが・・・」の繰り返し。
別にメダル取れなくたっていいよ。選手が精一杯頑張ってくれりゃ。
けれど前評判に対しての現在の結果は「惨敗」に等しいんじゃないだろうか。
しかも。
日本期待の種目って、スノーボードやジャンプ、女子モーグルやスピードスケート男子500じゃなかったか。

自国の選手に肩入れしたくなるのは人情として当然ではあるけど、日本は大げさに騒ぎ過ぎのような気がする。
それも実力以外の部分で。
兄妹だとか、イケメンだとか、可愛いとか。
マスコミももうちょっと真面目にリサーチして欲しいと思う。

そんな中スピードスケートの及川の4位は立派だったと思う。このオリンピックで初めて感心した。

最悪だったのはスノーボード。
オレの眼から見ても優勝者と日本勢との力の差は歴然で、よくこれでメダルが狙えるなんて報道したもんだ、と思ったよ。

今後の種目で期待が高いのはフィギアスケートか。
ミキティーは身体が太くなり過ぎてキレがないし、今からオリンピック後の話題が出てるあたりメンタル的にもメダルは厳しいだろう。
ミキティーに注目が集まりすぎてるけど、順位は絶対荒川と村住両選手の方が上に来るだろうね。

でも、実はアルペンスキーの回転って、結構チャンスがあるんじゃないか?

優勝候補筆頭は間違いなく開催国イタリアの「ジョルジオ・ロッカ」だと思うけど、オリンピックに向けて下り調子だったし。
ボーディ・ミラーは今期キレがないし。
ライナー・シェーンフェルダーはレクザムブーツがダメっぽいし。
実力的には
カレ・パランダー(FIN)
ベンジャミン・ライヒ(AUS)
テッド・リジェティ(USA)
の3選手が来そう。
でも、その次のグループには
佐々木明と皆川賢太郎、そしてもうひとり湯浅直樹が入ってると思う。
一人ぐらいは表彰台に上がるかも知れない。

1956年のコルチナ・ダンペッツォ大会で猪谷千春選手が銀メダルを獲得して以来、半世紀を経て今年は何かが起きる気がする。

マイナースポーツのアルペンスキーはマスコミの注目度が低いので競技に集中できると思う。

前回のソルトレークシティ、前々回の長野といい、回転のチャンピオンは、実力はあるけど第二グループくらいの選手が勝っている。

条件は揃った。

アルペンスキーがトリノオリンピックの日本初メダルになると思います。



その中でも僕は、湯浅直樹が表彰台に上ると思います。


フォルツァ!ニッポン!!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。